アーカイブ

業者情報

外為プラザ | 東海東京証券
外為プラザ | 東海東京証券

店舗型での両替のような外貨紙幣の品切れは、FXでは考えづらい

01G5E7yP93G0dywFXの本質的なものの一つは、両替です。インターネットを用いて円を外貨に両替するという行動は、FXでは日常的にやっているものです。なにせ手元に外貨の紙幣などがありませんので、なかなか実感が湧きづらいのですが。

ところで両替と言えば、どこか店頭などで両替をするという手法もあります。その一例は、私が本日ある街の中で見かけた両替を行っているお店です。
どうもそのお店ではかなりの種類の外貨を扱っているらしく、お店に申請をすれば外貨に両替ができるのだそうです。

銀行などもその一つです。店舗に行けば外貨に両替はできるそうです。

ところで店舗型の両替店の場合、実は外貨が品切れになる事がたまにあるそうなのです。まあ考えてみれば当然です。そもそも店舗のスペースは限られています。スペースが限られているのでしたら、当然どこかの段階で外貨紙幣が品切れになる事も大いに予想できます。

ちなみにそのように品切れが起こった場合は、ちょっと外貨を調達するのに時間がかかってしまうケースもあるそうです。

ecw8i3bXHQFCところでFX業者を経由しても、外貨紙幣を受け取ることはできます。例えばどこかの空港などで、FX業者に注文した紙幣を受け取るということも可能です。どこで受け取るかは、その業者それぞれのやり方があるのですが。

そういう方法の場合は、基本的に外貨が品切れになるというケースはやはり考えづらいと思います。なぜなら事前にFX業者に予約をしていますので、外貨紙幣を必ず渡すという契約を結んでいる事になるからです。

まあFX業者(http://binaryoption-fisar.com/)というのは、両替のプロです。実店舗で受け取るよりは、かえってスムーズに両替できるかもしれません。

大勢の信号無視によってよく分からない値動きが発生する

r1UtABd0gBQhC4O4人間が交差点を渡るのは、必ず秩序があります。その理由の一つは、信号です。
交差点で大勢の人が一箇所からは別の個所に進むのは、確実に信号が関係しています。赤信号の時点で信号を渡ろうとする方は少数です。そのようなことをしてしまったら、車にひかれてしまいます。
あくまでも青信号の時に進むのが普通です。まあ当たり前のことですが。

FXで大きな値動きが発生する時にも、ほぼ確実に何らかの信号が関係しています。まあ「青信号になったから、皆で渡りましょう」という事と同じです。

よく売買シグナルという表現をされる事がありますが、外貨で大きな値動きが発生する時などは必ずシグナルが関係しているものです。シグナルが発生していない時は、たいていは横ばい状態になっているものです。

LS9BzxPSb6a8wところがたまにシグナルとは裏腹の値動きが発生するケースがあります。シグナルを見てみれば「明らかにここでは外貨を買うべき」という状況なのに、なぜか外貨が急落をするという状況は意外とあります。

私が思うにそれに関係しているのは、おそらく信号無視をしている人々ではないでしょうか。交差点をしばらくじっと眺めていると、意外と信号無視をしている人々を見かけるケースが多いです。

それが一人や二人なら問題ではないのですが、大勢での信号無視が発生するとなかなか大変な事になります。赤信号みんなで渡れば怖くないという言葉がありますが、信号無視を大量注文で行っている人々も中には居るのではないでしょうか。

その結果シグナルとは関係ない、よく分からない大きな値動きが発生するというケースもあるかなと思います。しかもFXでは、それが意外と多発するから不思議なものです。

更新情報

ページ上に戻る